親なるもの断崖 電子書籍 無料立ち読み

MENU

親なるもの断崖の電子書籍を無料立ち読みするなら

親なるもの断崖の電子書籍を無料立ち読みできるサイトってないの?

 

はい、ありますよ。まんが王国なら、親なるもの断崖の1巻を146ページも無料で立ち読みできます。

 

↑ ↑ ↑

 

まんが王国にアクセスしたら「親なるもの断崖」で検索するか、ランキングをチェックしてみて下さい。

 

たぶんランキングの上位に親なるもの断崖があると思いますので(^_^)

 

いつまで「じっくり試し読み」を出来るかは分からないので、なるべくお早めに♪

親なるもの断崖 試し読み分の感想

のっけから、この話のメインとなる4人(松恵、お梅、武子、道子)が親に遊郭に売られるという、とても重たい展開から始まる。

 

※遊郭 = 今で言う風俗みたいなもの

 

で、読んでいて恐いと思ったのが、親に売られるのが特別ではなく、さも当然のように書かれている事。

 

これは本当に日本の話か?と疑うほどに、異世界感があります。

 

日本と言ってもかなり昔の話なんだろうな・・・と思いきや、舞台背景は今より100年も前じゃないです。

 

親なるもの断崖はフィクションですが、昭和初期の北海道室蘭市を舞台に、本当にあった事を元にし書かれています。

 

自分の爺ちゃん、婆ちゃん世代より少し前にこんな時代があったかと思うと、恐ろしくなります。

 

そう思うと、たった100年弱で日本は随分と発展しましたね。

 

インターネットにアクセスして、こうやって様々なホームページを見れるようになったり、スマホで漫画を読めるようになったり(笑)

 

昔は生きるために生きていた。生きるために雑草を食らったり、体を売ったりする事は特別じゃなかった。

 

だけど今は、生きている事は、生きれる事は当たり前になっている。

 

SOPHIAのビューティフルという曲の歌詞で「失恋だとか挫折だとか皆そりゃ楽しそうね。平和で豊かで良かった。」というフレーズがありますが、まさにその通りだな・・・と、親なるもの断崖を読んでいると思い知らされます。

 

親なるもの断崖の試し読み分では、4人が遊郭に売られてから、3年後の話まで見れます。

 

働いても働いても借金は減らない。足抜き(逃亡)がバレたら過酷な折檻は免れない。体を酷使し過ぎて病気で倒れる者もいる。

 

そんな劣悪な環境で4人はどう生きるのか?

 

現代(いま)の有り難みを実感するためにも読んでみる事をオススメします。

 

↑親なるもの断崖の試し読みはこちらから↑